6月14日(日) | https://www.youtube.com/channel/UCSfNaxrVAE

6月16日いっしょにやろう!嘉祥の花活け

1200年前から、16のお菓子を供える事で疫病退散を願って来た由来から、6月16日は嘉祥喰と言われている日なんだそうです。 これになぞらえて、6月16日に私たちも、心同じく、疫病退散の願いを込めて花を供えたいと思います。 16本の花を活けて、疫病退散を祈願しませんか? 16種の花を使って多くの人がそれぞれの場所で、花を活けることで、コロナの不安も少しは遠のくかも知れません。後嵯峨天皇が始めたとされる、この儀式にお菓子を選んだのも、不安を取り払いたいと願って事では無いかと思います。 方法は、山岡がセレクトした16種のお花をGINKGOから発送します。 価格は、送料込み6000円です。
お申し込みの受付は終了しました。
6月16日いっしょにやろう!嘉祥の花活け

日時・場所

2020年6月14日 19:01 – 19:06
https://www.youtube.com/channel/UCSfNaxrVAE

イベントについて

1200年前から、16のお菓子を供える事で疫病退散を願って来た由来から、6月16日は嘉祥喰と言われている日なんだそうです。

仁明天皇の848年、6月16日に16の数にちなんだ神供を供えて疫病が人体に入らないよう祈誓し、元号を嘉祥に改めたとする説があるんだそうで、室町時代には年中行事となり、江戸時代には朝廷や幕府のみならず町方でも嘉定喰(かじょうぐい)といって、十六文で餅16個を買い食す風習がありました

これになぞらえて、6月16日に私たちも、心同じく、疫病退散の願いを込めて花を供えたいと思います。 16本の花を活けて、疫病退散を祈願しませんか?

16種の花を使って多くの人がそれぞれの場所で、花を活けることで、コロナの不安も少しは遠のくかも知れません。後嵯峨天皇が始めたとされる、この儀式にお菓子を選んだのも、不安を取り払いたいと願って事では無いかと思います。

そこで、なるべく沢山の参加をお願いいたします。

方法は、山岡がセレクトした16種のお花をGINKGOから発送するから、おウチで活けるだけ。 価格は特価、送料込み6000円です。

カード決済は、VISA Master アメックス に対応しております。JCBはご使用出来ません。

もちろん、お花の写真をSNSなどでシェアしていただければ嬉しい😃し、ご覧いただいたみんなも癒されるのではないかと思います♬

週末の方が受け取って、ゆっくり活けられる方が多そうだから、13日土曜日発送、14日日曜日着予定。または、ご都合に合わせます。

ご参加いただける方は、木曜日までにGINKGOまたは山岡までご連絡下さい! 土曜日には同じ花材を使っての動画の配信予定ですので、良ければ参考にしてみて下さい。

16日に#嘉祥の花 ハッシュタグ付きでアップしてください!いや、アップしたくなければ、心を込めてお花を活けていただくだけでも大丈夫🙆‍♀️です。

出来れば沢山の人でやりたいなと思ってます❤️他にもやりそうな方あれば、是非ご紹介、シェアお願いいたします!

チケット詳細
価格
数量
合計
  • 嘉祥の花活け
    ¥6,000
    ¥6,000
    0
    ¥0
合計¥0

このイベントをシェア