top of page

お花を贈る機会が増える春です。


春はお花を送る機会が増えますね。

卒業や入学、昇進のお祝いや就任のお祝いなどなど、プライベートのものからオフィシャルなものまで。

基本的に私は、お花送ることってそんなに大げさに考えず、気軽でいいと思いますが、時と場合によってはどのように贈ればいいか、失礼じゃないかなど迷うことがありますよね。

プロポーズ花束から、大きな会社の社長就任お祝い花までシチュエーションによってどんなお花がいいか、いつ、どのように贈ればいいか、どんな札をつければいいか、、?はたまたお札をつけるのかどうか?など。

むしろ、慣れている人の方が少ないと思います。そんな場合は、是非是非ざっくばらんにご相談、お任せください。

お送り先とざっくばらんにお話しできるような関係であれば、事前に何がいいか聞いてみるのもいいかもしれません。

例えば観葉植物がいいとか、花瓶がないから花瓶付きのお花がいいと言う場合もあるかもしれません。

一般的にオフィシャルなお祝いに胡蝶蘭を贈る方が多いのですが、胡蝶蘭がいっぱい贈られるような場合は、正直、胡蝶蘭はお勧めしません。なぜなら、廃棄がとっても大変だからです。。

ワイヤーが付いているものを取り除き、分別して全てを片付けるのはとても大変です。 パイプ付きのスタンド花もそうです。

金属製のスタンドの部分は簡単に廃棄ができませんし、いちいちお花屋さんに回収を頼むのもとても大変なものです。

GINKGOなら、そんな中でもひときわ目立って華やかな、サスティナブルな素材でできたスタンド花などを地方へもお送りすることもできます。

どうぞお気軽にご相談くださいね。

Comentários


bottom of page