花は生活のインフラ。心の食料だからGINKGOは営業します!

最終更新: 2020年4月17日


新型コロナウイルス感染拡大による、緊急事態宣言を受けて、GINKGOの営業をどうするか悩みました。

クローズすることも考えましたが、今のところGINKGOは出来る限りお店をオープンする予定です。

この先、やむなくお店を閉める事になるとしても、ネットや電話のオーダーでお花を配送したり出来る限り、お役に立つ形で営業を続けます。

何故なら、私は社会的な意義として、花は生活に無くてはならない、インフラだと信じているからです。

人の心に花は必要です。花屋の歴史は、記録に残っているものは平安時代、比叡山の麓の白川の里から、花を摘んで京都の都に花を売りに来る「白川女」と言われる女性たちがいました。御所に花を届け、都に住む人々に花を売っていたのが始まりだそうです。以来、1200年のあいだ、姿形を変えて、街に暮らす人々に花を届けて来ました。だから、花屋も正常な街の姿として、無くてはならない、心のインフラだと思っています。

今、新型コロナウイルスによって、大きな不安が世界中を覆っています。私は、花を通じて人々に元気や癒しを届ける事が、フローリストの仕事だと考えています。

できる限り、フローリストの使命、プライドとして貫いていきたいと考えています。


現在、市場の花がどんどん少なくなっています。

全体的な需要が落ちているためにお花が売れなくて、お花に値段がつかないのです。

せっかく手数をかけて育てた農家さんも市場に出荷できなく廃棄していると聞いています。

そのため、市場で良いお花がすごく安い値段で売られていることがあります。

それは、うれしいような反面、悲しい気持ちにもなります。

少しでも売ってあげて、生産者さんの力になりたいなぁと思うのです。

一方、自宅で自粛をしている皆さんは、お花を飾ったり植物を置いたりして、この時期、より癒しを求めているような気がします。GINKGOさんが営業していて、お花があることにほっとした、ありがとう、と言ってくださるお客様もいらっしゃいます。

それぞれ皆、我慢している状態です。息抜きにお花を見たり、飾ったり、会