Mokaraを使ったハワイアンレイ!ワークショップのお席はあとわずかです!

9月7日のワークショップはハワイ気分でレイ作り

のんびり土曜日はハワイ気分を満喫!

とっても奇麗なモカラ!!

この蘭のお花はギンコの定番のお花です。

真冬の寒い時期以外、ほぼ一年中ギンコの定番として使っているお花。

何と言ってもとっても発色の美しい、そして保ちも良い蘭のお花です。


今度の土曜日は、このモカラという蘭を使って華やかで素敵なレイを編みます!

教えていただくのは、レイの第一人者、大谷先生!!

大人気の大谷先生のレイのワークショップは、貴重な機会です。


講師紹介

UMAHANA 大谷 幸生

1969年神奈川県生まれ。

自然との調和を心がけ花の持つ美しさや意味を 最大限に生かすことを心がけていたところ、レイと出会う。

その後レイ作りの巨匠マリー・マクドナルドさんのもとで勉強を続ける傍ら イベントやワークショップでその活動は全国各地にわたる。

日本の土地に育つ花とハワイに伝わる様々な手法を巧みに駆使し オリジナルのレイを編むレイメイカーとして、

また雑誌や広告の花などを手がけるフラワーアーティストとして活動中。


申し込みはこちら


レイはハワイの人たちのスピリットが詰まった、自然を敬う精神の象徴。

そんなお話もお聞きしてみましょう。


7日土曜日の16時から。 のんびりと、ハワイの風に吹かれてみませんか?

お席は残りわずかです。