僕はギンコのお花が好きなんだ!

最終更新: 2019年5月18日


5月12日、母の日は、全国のお花屋さんが一斉にお花を届ける、花屋さんにとって1年で一番忙しい日です。

だから、お花を運んでくれる運送会社も、とっても忙しい日となります。

アレンジメントはデリケートな商品、運ぶのは気を使うものです。

でも、母の日は届ける量が多いので、運送会社もトラックや人員を増やしてこの期間に対応します。でも、てんやわんやのこの時期、運送のトラブルがやっぱり発生してしまいます。

無事に届くよう。いつも祈るような気持ちで、ギンコのお花を送り出しているのですが、ついに一件、運送会社が、運送中に落っことしてダメにしちゃったと報告が。。


もちろん、当日の出来事。。。

運送会社から、何か代わりのものがないかと、慌てて連絡が入りました。

でも、注文されたそのお花はとっても大きく、すぐ用意できるものではありません。

たまたま、素敵なブーゲンビリアの鉢が入っていたので、これを代わりにしてもらってはどうかと、お客様に早速写真を送って連絡をお待ちする事にしました。


返ってきた答えは。


「写真のブーゲンビリアは、とっても綺麗で素敵だけど、これはギンコさんのデザインしたお花じゃないですね。僕はギンコのデザインしたお花が好きなんです。だから、やっぱり作り直して欲しい」


作り直すと5月12日にはもちろん間に合いません。

でも、その日が過ぎたとしても、ギンコのお花を母に贈りたいと希望されて、翌日の月曜日、ギンコのアレンジメントは送り出されて行きました。