フローリストは、お花にお客様の心を託すアレンジャー。


12月30日、今年もいよいよ終わろうとしています。

本年もGINKGOは、沢山の方々の為のお花をお作り出来た事に感謝しています。


お花はいつも何かのメッセージを伝えるメッセンジャーの役目をもっていて、 私達フローリストは、どの花にどんな風に心を託すかをアレンジしているアレンジャーじゃないかと思います。

贈る人、贈られる人それぞれの方の気持ちを考えながら、デザインや色、お花を選び束ね、ブーケにしたり、アレンジメントを作ったりしているのです。

その気持ちは、「ありがとう」だったり「おめでとう」だったり時には人生のパートナーになる人へ贈る、 プロポーズの花束だったりもします。


今年最後にお作りしたプロポーズブーケは、初めてのプリザーブドフラワーの花束でした。 遠距離恋愛の彼女へのプロポーズ。

そんな大切なお花をギンコからお届けできた事を誇りに思います。

真っ赤なプリザブードローズを束ねた真っ赤なブーケ、 プリザーブドだからこのままずっと飾れるのは良い記念になりますね。


さて、GINKGOは12月31日よりお休みをいただきまして、 来年1月6日(月)からの営業となります。

来年は、記念の15周年を迎える節目の年となります。

新しいワクワクをお届けするご用意も進めています!

楽しみにしていてください♫

これからも、心を贈るお花をたくさん作り続けていきますので、どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。