ラナンキュラスが秋に!


今年は台風や猛暑の影響で秋のお花がかなり被害にあい、とても少なかったのです。

その影響かどうか、なんと早くも春のお花が出て来ました!

カエルちゃん!葉っぱの形がカエルの手に似ていることから、ラテン語でカエルと名付けられた、ラナンキュラス。

薄い花びらが幾重にも重なっていて、その数は100枚以上。最も花びらの数が多い花です。

和名はキンポウゲ。ウマノアシガタとも言われます。面白いことに馬の足形と言われるのは、葉っぱの形が馬の足跡に似ているからだそうです。ヨーロッパと日本の遠く離れたところで昔の人は、野に咲くこの花に同じイメージを持っていたんですね。