ウエディングのお花は、一生に一度の大切なお花。


お花の仕事をやっていて嬉しい事の一つは、

お客様のとっても大切なひとときに寄り添う事が 出来るお仕事だと言う事です。

特にウエディングのお花は、特別な大切なお花のひとつです。

ブライダルのスタイルは様々ですが、お二人が何を大切に考えていらっしゃるかを良く考えてお花を 作るようにしています。

外資系ホテルでブライダルを担当していた頃は、担当させていただく数がとっても多くて、 めまぐるしい時間の中で沢山のお花を作りましたが、今では、余裕を持って担当させて頂ける事が多いので ホテルにいた頃とはまた違う気持ちでブライダルのお花を作っています。

恵比寿や代官山にはホテルや、レストラン、カフェなど素敵なパーティ会場が沢山ありますので、ブライダルシーズンにはブーケやテーブルのお花などをお作りしてお届けする事が多いのです。

少し前に担当させていただいたカップルは、ブーケをご注文いただいて、そしてレモンの木をご両親への花束代わりに記念樹としてお渡しになりたいとご相談がありました。

ブーケやブートニアはもちろん、ご両親用のお花束をご用意させていただく事も多いのですが 記念樹は初めてでした!レモンの木はうまく手に入りましたが、実が付いていない時期でしたのでちょっと寂しいかも。。

そこで、ふと思いついて、「お二人でレモンのイラストみたいなカードを作ってくださったら付けますよ!」ってお話したら、 「それは良いアイデア!!!」と喜んでいただき、レモン型のカードを木につけることになりました。

そしてそのカードのいくつかは 自分たちの顔になっている、、、と〜っても可愛いカードを持って来てくださいました。

後日、とっても素敵で暖かいご披露宴の写真を持ってきてくださいました。

レモンの木もすくすくとご両親たちの元で育っているそうです。

一生に一度しかない大切な一瞬を、素敵な花でお手伝いすることで、より思い出深いものになれば良いなと思っています。

ご相談の目安はお式の一ヶ月前ですが、スケジュールが埋まる事もありますので、お早目のご連絡をお待ちしています!