秋色のバラ、ワンダーウォールに愛を込めて

最終更新: 2018年12月9日


バラは豪華さと美しさから花の女王と呼ばれて、紀元前から人々を魅了し続けてきました。 神話や宗教、文学や芸術に多く登場して、バラは文化の中心に咲いてきたとも言えます。 そんな、女王バラの季節は、一年の中で春と秋の二回あります。 春のバラは、花の大きさと色の鮮やかさが特徴で、夏に向かって一斉に咲き始めます。 対して、秋バラは豊かな香りと、深みのある色です。 気温が下がっていく中でゆっくりと開花してシックな色合いの花を咲かせます。

秋のバラは辛抱強く開花の時を待つため、花持ちがよく、強い花です。

そんな、秋のバラ、ワンダーウォール(wonderwall)、紅茶色のバラです。 イギリスのロックバンド(Oasis)の曲に同名の、wonderwallという曲があります。

ちょっと頼りない男の子が勇気を振り絞って、愛の気持ちを伝える歌です。

歌詞の中に「I said maybe You're gonna be the one that saves me And after all You're my wonderwall」 「言っただろ? 僕を救える人はひとりしかいない そして君がその人なんだ 色んなものから守ってくれる,君がその魔法の壁,ワンダー・ウォールだ」 君しかいない!って歌っています。 プロポーズは、男性にとって緊張する瞬間です。レストランを予約したり、お花を用意したり、彼女に喜んでもらえるよう色々手を尽くします。 でも、これから長い時間を一緒に過ごしたい。と思う気持ちを、正直に伝える事が何より大事な事じゃないかと思います。

もちろん、僕が君のワンダーウォールだよ!ってプロポーズする男子は最高です♪ ギンコは応援してますよ!