アドベントクランツで、クリスマス週間を楽しみましょう!


アドベントクランツ♬ 作りました!

クランツと言うのはドイツ語で「リース」の事です。

アドベントとは、日本語では「待降節」と言ってキリスト教でキリストの誕生を待つ為の期間です。

この時期は街にはアドベントマーケット(クリスマスマーケット)が出来ます。

広場などにかわいい小屋が建ち並び、リースや、ツリー、キャンドルやクリスマスオーナメントなどが沢山売られています。

ゆっくりと見て回り、寒くなったらホットワインや、焼き栗をほおばって暖まるのが冬の風物詩なんです。


いわゆるクリスマス週間!アドベントは4週間あり、一週間毎に日曜日に教会で祈り、四つあるキャンドルに一つづつ灯りを灯していくのです。

そして、クリスマスには4本全部に灯が灯ることになります。

この時期にヨーロッパの教会に行くと祭壇の前などにこのアドベントクランツがあります。 家庭でもアドベント期間はキャンドル付きのアレンジが不可欠で、毎日、夜ご飯の時はテーブルの上のアレンジに火を灯して食事をするのです。

スイスのお花屋さんに居た頃は、クリスマスにはキャンドルだけでものすごい数の揃ったキャビネットルームが店内にあり、 お客様と一緒にキャンドルの色や大きさなどを選んでアレンジを作っていました。


余談ですが、実はこの時期以外、お花屋さんでアレンジメントというのはあまり作る事はありませんでした。

ほとんどのお客様は自宅や、お友達にプレゼントの為にブーケ(ドイツ語でシュトラウスと言います)買って行かれるのでした。

キャンドルは火を使って怖いと言う方のために今年、ギンコではLEDライトのキャンドルやランタンやホヤをご用意しています。


キャンドルは炎がゆらゆらして、本物そっくり。クリスマスに限らず通年、安心して使っていただけます。

なんとリモコンやタイマーも付いてます♪

ちょっと気軽に本格的なクリスマスをどうぞ!